NANAのにっき。

あまりに暇なので、最近使うようになったPCに向かい 日常生活の中で心に浮かんでは消えてゆくどうでもいいことを ただ書いちゃうかもしれません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トム・ハンクスさま


昨日、映画の感想を書いたんですが、

今、公開中のものだと、書けば書くほどネタばれ状態になって、

ちょっと、まずいかな~、なんておもって、

書きたいこと全然かけなかった。

これって、結構 欲求不満状態になるかも・・・・・・。


だから、今日は「トム・ハンクス様」について、

書きたいだけ、熱~く語っちゃいたいと思います。

別に「トム・ハンクス様」が特別好きなわけではなく、

私的には、トム・クルーズ、マッド・マックスの頃のメル・ギブソン、

リチャード・ギア、そうそう、ハリソン・フォードもはずせない。

かれらのほうが、どちらかといえば、好きかも。

でも、きょうはなぜか「トム・ハンクス様」じゃなくっちゃ、

ダメって気分なんです。

彼の映画って、どれもはずれがないような気がする。

いつも安心してみていられる、初期の作品から、今までず~っと。

『スプラッシュ』なんか、人魚大好き、なりたいって、

子供の頃から思っていた(実はいまでも、なりたいかも・・・)

私にとってはもう、はずせない作品。

あまりに、初期すぎて、話をしてもわかるひとって、

ごくごく一部だとおもう・・・・・・涙。

でも、語っちゃう。

ほんと、メルヘンなんだよね、大人の童話というかんじ。

観終わってからも、しばらくはおとぎの国放浪中という気分に

なれること請け合い。

そして、『ビッグ』。

これも、結構、初期の方かな?

「トム・ハンクス様」の無邪気な、子供のようなあのやんちゃな顔。

まあ、確かに子供のままの役だから、当たり前なのかもしれないが、

最後のオチは、しかたないのかもしれないけど、

なんかキュンとしちゃいました。そして、ため息が・・・・・・。

そして、あの話題作。

『フィラデルフィア』、この頃から、「トム・ハンクス様」も

ちょ~と、雰囲気が変わってきて、初期に見せてきた

あの無邪気さ、なんか素で演じてるかも、と思わせるようなところが

なくなってきたような気がしますね~。

エイズ患者ということで、別人のような感じさえして、

観終わった後、ふ~って肩の力が抜けましたよ。

確か、この作品で、「トム・ハンクス様」はアカデミー賞の主演男優賞を

とったんですよね。

ここからは、けっこう話しても、ああ~ってかんじで、

わかってもらえそうな作品になってくるわけなんですね~♪

『フォレスト・ガンプ 一期一会』となると、彼の代表作のひとつと

いわれるほど、認知度は高いんじゃないでしょうか。

これをみると、「人間って、がんばれるじゃん、

なんか、がんばってるし、・・・きっと、できるかも、

いや、出来ないことって、意外とないのかも・・・・・・」

と、思わせてくれるような映画でした。

そして「人との出会いって、そんなに一生を変えてしまうほどの力が

あるものなのか」と、楽しみなような、怖いような気もしたんです。

ここで、「トム・ハンクス様」は、地球を飛び出し、宇宙までいっちゃた

んです。ホント、スケールのでかいひとです!!

『アポロ13』、彼の映画では、唯一手に汗を握る作品でした。

(私の観た範囲内では・・・・・)

こういう起こっちゃいけないときって、起こるもんなんですよ、

アクシデントって。

でも、最後まで頑張った、地球に帰ろうと頑張った、

もう最後は、ひとり興奮の坩堝ですよ!!!

家中、寝ていたんですが、私の声だけが、鳴り響く・・・・・。

しかし、誰も起きない!!

せっかく、この興奮をつたえようとおもったのに。

てなわけで、興奮する作品でした。

『プライベート・ライアン』。

これこそは、アメリカの矛盾。

こんなことがあっていいの・・・?

何考えているんだ、アメリカ政府。   ばかやろーーー!!!

と、だいぶガラが悪くなった作品です。

これは、アメリカの理不尽さがよ~く?わかる作品です。

『グリーンマイル』は不思議発見。

というような映画でした。感動系でしたね~。

ただ、あのおえらいさんの息がかかった看守、

あれはもう、だめだめでした。はっきり言いきちゃいます。

   お前は人間失格だ~~~!!

どこにでもいるんでしょうかね~、ああいう類は。

最後に、2004年に公開された『ターミナル』。

明るい、めっちゃ、明るい主人公。

めげない、とことんめげない。

このひとって、普通の神経じゃないのかも・・・・。

と思わせるような強さがありました。

私じゃあ、泣き叫ぶしかできない。

だれだって、途方にくれちゃうと思いますよ。


どの作品にしても、「トム・ハンクス様」は、

主人公になりきっちゃうわけですよ。

そりゃあ、俳優ですから、みなさんなりきってるとは思いますが、

「トム・ハンクス様」は違う。

なりきるんじゃあなくて、そのものなんです。

わかりにくい言い方ですが、

つまり、トム・クルーズの『マイノリティー・リポート』、

メル・ギブソンの『リーサル・ウェポン』など、いろいろ映画を

観るわけですが、すべて、彼らの個性が前面に出されているんです。

だから、どんな役を演じようとも、トム・クルーズ、メル・ギブソンな

わけですよ。

しかし、「トム・ハンクス様」は、観始めたときは、

たしかに彼なのですが、観ているうちに、

彼の個性は消えてしまうんです。

そんな俳優はそんなにいないと思います。

彼は、その数少ない俳優のひとりなんですね~。

(無名の俳優とかは、むしろ個性を知らない分、観ていて自然なかんじが

するんです。)

というわけで、とことん書かせてもらいました。これだけ書くと、

なんかすっきり。あまりの長さに読んだ人、げんなりですね~♪

もうしばらくは、こんなに長いのは書かないと思うのでご安心を!!


スポンサーサイト

コメント

TITLE:

自分もトム・ハンクス大好きです~~♪

・スプラッシュ
・ビッグ
・アポロ13
・グリーンマイル
が好きですね(*^_^*)
初期の頃はコメディ色が強かったですし、それが好きでしたが・・・最近は真面目な作品が多いですよね

もともとはTVのコメディアンと言うか、お笑い系の人だと聞いた事があります
ちょっと神経質そうな役どころが似合いますよね
ターナー&フーチでしたっけ?
ワンちゃんと刑事と言う役どころで神経質そうな一面を見せつつ、面白い演技を見せてくれましたし、マネーピットという悪徳不動産による不良物件を掴まされる話も面白かったです

やっぱりコメディっぽい方が好きですよヽ(^o^)丿

TITLE:

>qublicさん
コメントありがとうございます。
すご~くうれしいです。
だってねえ、欲求不満を解消するために書いた、ただなが~~~いだけの文を読んでくれ、それだけでもありがたいのに、コメントまで書いてくれちゃうんですもの、ほんと、ありがとうございます。

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバック

http://nananikki.blog53.fc2.com/tb.php/20-55d73908

HOME

 プロフィール 

N.a.n.a.

Author:N.a.n.a.
名前  NANA
性別  おんな
誕生日 2月4日みずがめ座
職業  Salesperson

毎日、まったりとすごしたいな~、夢ですが・・・。 

 ☆ブログランキング☆ 

ブログランキングに参加しています

ばなー1

応援よろしくお願いします!

 最近の記事 
 最近のコメント 
 カテゴリー 
 最近のトラックバック 
 月別アーカイブ 
 BLOGペット 

ペットのはちです。

 占い 

占いができます

 FC2カウンター 

 **雪降るブログ** 

 ブロとも申請フォーム 
 リンク 

このブログをリンクに追加する

 RSSフィード 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。